ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社

コンプライアンス

コンプライアンスに対する考え方

当社グループは、すべての役職員に対してコンプライアンスの重要性の周知徹底と、良識に基づいた判断・行動を促すように努めるとともに、経営の公正性と透明性を高め、意思決定及び執行を的確で迅速なものとすることを経営上の重要課題と位置付けています。

コンプライアンス推進体制

当社では、コンプライアンス担当取締役を選定するとともに、担当部として法務・コンプライアンス部を設置し、法令違反防止のための管理と、コンプライアンス教育を実施しています。

法務・コンプアイアンス部は、第一化成のコンプライアンス担当を兼務しており、Ultrafabrics社のinternal controlとも密に連携するとともに、社外取締役が過半数を占める監査等委員会とも情報共有をして、グループ全体でのコンプライアンスを推進しています。

教育に関しては、各子会社にてコンプライアンス研修を実施しています。2020年は、法務・コンプライアンス部長がインサイダー取引防止とあわせてコンプライアンス一般に関する研修を国内の従業員に対して行い、従業員のコンプライアンス意識の向上を図りました。

内部通報制度

当社グループでは、法令順守、 汚職・腐敗を含む不正行為等の未然防止および早期発見、自浄作用の向上のため、「内部通報制度規程」を制定しています 。当社及び第一化成につきましては、従業員等からの通報等を受け付ける社内窓口を法務・コンプライアンス部に設置し、Ultrafabrics社についてはHuman Resourcesに窓口を設置するとともに、当社法務・コンプライアンス部に情報共有する体制としています。また、各社とも外部弁護士に、社外窓口を依頼しています。これらの窓口は、イントラネットへの掲示や、社内の食堂等への掲示により、従業員に周知しています。

通報事項に関する事実関係の調査は、当社法務・コンプライアンス部が直接または、適任者に指示をして行い、不正行為が明らかになった場合には速やかに是正措置、防止措置を実施しています。関与した社員に対しては、就業規則等に基づき処分を課すことができるようにしています。通報者に対しては、匿名性の確保に加え、通報に基づく不利益な取扱いは一切禁止し、通報者の職場環境が悪化しないように適切な措置を取ることで通報者を保護し、かつ希望する通報者に対しては、是正結果を通知するよう努めることにしています。

贈収賄防止に関するコンプライアンスポリシー

当社グループでは「贈収賄防止に関するコンプライアンスポリシー」を策定しています。

リスクマネジメントに対する考え方・推進体制

当社グループのリスク管理体制は、コンプライアンス、災害、環境、品質、情報セキュリティ等に係る各種リスクについては、それぞれの担当にて、必要に応じ規則・ガイドラインの制定、研修の実施、マニュアルの作成・配布等を行うものとしています。

総合的にリスク管理を担当する部署は設けていませんが、当社経営企画部、管理部、法務・コンプライアンス部、人事総務部が、密に連携を取っており、緊急の事態については直ちに情報共有を行い、新たに生じたリスクについては、速やかに対応責任部署を定める体制となっています。

情報セキュリティ方針

当社グループは、「グループ個人情報保護規程」「グループ情報システム取扱いに関する行動指針」を定め、個人情報をはじめとする機密情報の保護とその適切な取り扱いの方針を示すとともに、情報セキュリティの維持・向上に努めています。

2020年は、当社および第一化成ではEメールアドレスを持つ社員全員に対してE-ラーニングによる研修を実施した後、標的型メール開封対応訓練を実施しました。また、Ultrafabrics社では8種類のEラーニングプログラムを経営層を含む全てのメンバーが受講しました。