ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社

循環型社会への取り組み

循環型社会に対する考え方・方針

当社グループの製造工程においては、廃ペースト・廃液、販売には不適合な製品や最終製品を出荷する際に切り落とした端切れなどの廃棄物が発生します。当社グループでは、循環型社会に貢献すべく、これらの廃棄物を極力削減し、事業活動全体で使用する資源を可能な限り少なくすることを目指して様々な取り組みを進めています。

廃棄物削減に寄与する取り組みの状況

製造工程で発生する廃ペースト・廃液については、機械の形状を一部変更して投入するペースト量を削減することにより廃棄されるペースト量も削減させる等、廃棄物の削減に努めています。

また、製造の過程で微細な汚れや疵がついて販売には不適合となったものや、製品の切れ端等は再利用に努めています。例えば、Parqueグループという、障害や疾患のある方がより豊かに暮らしていく基盤づくりや、療育が必要と認められるお子様のいる家族を支援する放課後デイサービスを運営している団体に対してこれらの不適合品を寄付し、製作していただいたトートバック等を購入し、ノベルティグッズとして活用しています。

Parqueグループで製作していただいたトートバック等

原単位当たりの廃棄物排出量*

生産量当たりの廃棄物排出量

*製造から販売の過程で発生した販売不適合品・返品等÷生産量(yard)

循環型社会への取組事例

エコパッケージの使用

Ultrafabrics社はFSC(森林管理協議会)*の認証を受けており、イノベーティブなデザイン性と社会的・倫理的なコンプライアンスの点でも先進的なパッケージ会社と提携しました。このパートナーシップにより、ウルトラファブリックス社は全てのパッケージにリサイクル原料を含んだ包装材料を使用し、プラスティックのパッケージは使用していません。また、全てのパッケージはPROP65**に準拠しており、リサイクル性や生分解性を高めるため、大豆由来のインクを使っています。

*FSC(森林管理協議会):責任ある森林管理を世界に普及させることを目的とする独立した非営利団体

**PROP65(Proposition 65):人体や飲料水を有害な化学物質から守ることを目的とし米国カリフォルニア州で制定された法律

エコパッケージ