ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社

化学物質に関する取り組み

化学物質の管理・削減に対する考え方・方針

私たちは製造過程で使用する化学物質を適切に保管し、室内空気汚染や化学物質への暴露を抑え、健康に配慮した作業環境を維持していきます。また、健康や環境汚染の懸念がある全ての化学物質の使用の削減や代替に取り組むとともに、製品に含まれる化学物質に関する情報の透明性向上に努めています。

新製品開発における化学物質使用の方針・取り組み

当社グループでは、使用する化学物質の把握はもちろんのこと、顧客からの要求や各国の化学物質法規制等をベースに、自社において有害な影響をもたらす恐れのある化学物質を「化学物質規制一覧」として管理しています。顧客からの問い合わせの多い下記の化学物質については、意図的には使用していません。

  • ビスフェノールA(Bisphenol A)(BPA)
  • 重金属安定剤(Heavy Metal Stabilizers)
  • ペルフルオロクタン酸/PFOAs(Perfluorooctanoic Acid)
  • フタル酸系可塑剤(Plasticizer Phthalates)
  • 残留性有機汚染物質/POPs(Persistent Organic Pollutants)

化学物資の使用量削減・適正管理の取組事例

回収塔

当社グループはポリウレタンレザーの製造過程で使用される溶剤の回収及び再利用に取り組んでいます。ベースとなる織物などにポリウレタン樹脂を塗布する際に溶剤と水を使用していることから、製造工程で使用された水には溶剤が含まれています。第一化成の工場には、この溶剤含有廃液から水や残渣分などを分離し、溶剤を回収し再利用する設備を設置しています。天候の影響を含め設備内の温度や濃度など様々な状況を常時厳しく管理するために、24時間体制で適切な運転・監視に努めています。また回収された溶剤は生産工程に再度供給されるとともに、生産に不必要な余剰分はポリウレタン樹脂の供給メーカーに販売され、樹脂供給メーカーが再利用しています。2018年8月には製造工程2ライン化と合わせて回収・再利用のための新しい設備の建設が完了し、運転を開始しました。この設備導入により、2019年~2020年は98%を上回る回収率を達成しており、更なる環境への負荷低減を実現しています。