ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社

生物多様性保全への取り組み

生物多様性保全に対する考え方・方針

地球のバランスは様々な動植物が関係する生態系によって保たれています。そのバランスを保つために、動物由来の素材使用を避けたいと考えるお客様は世界中に増えています。私たちは、本革と同等の高級感を持つアニマルフリーのレザーの製造を通して、本革製品に使用されるための動物の乱獲を避け、生態系を守り生物多様性の保全に貢献していきます。

生物多様性保全の取組紹介

植物由来原料を活用した製品「Volar Bio」

2019年に当社グループは植物由来原料を活用した初の製品であるVolar Bioを発売しました。Volar Bioは再⽣可能な植物由来原料を原材料とする複数の層からなる独自の構造で、限りある資源への依存を減らすという私たちのコミットメントを具体化した商品です。ポリカーボネート系ポリウレタン樹脂にはトウモロコシ由来成分から合成されたポリオールを樹脂原料の⼀部に使⽤し、綾織基布には⽊材パルプを原料とする繊維をその⼀部に使⽤しています。化石燃料ベースのエタノールは温室効果ガスを排出しているのとは対照的に、トウモロコシ由来のエタノールは活発に大気中から二酸化炭素を取り除きます。2021年には、この製品の正確なカーボンインパクトを決定する製品評価を実施する計画です。

Volar Bioは、機能性とサステナビリティを念頭に置いて開発され、29%のバイオ原料を含む製品としてバイオプリファードプログラムの認定をうけています。バイオプリファードプログラムは、アメリカ合衆国農務省(USDA)がバイオマス製品の発展の推進を目的とする取り組みで、消費者にバイオ製品に関する有益な情報を提供すると共に、民間企業の認証やラベリング制度を運用しています。

バイオプリファードプログラムの認証マーク

また、Volar Bioはスタイリッシュでcruelty-freeであることが認められ、2020 PETA Vegan Homeware Awardを受賞しました。

2021年1月にはVolarBioの新色を発売し、より多くのお客様に利用していただけるように製品展開を拡充しています。
また、製品のトレーサビリティと透明性については継続して取り組んでいきます。

Volar Bio は当社グループの持続可能な社会の実現に向けた取り組みの第一歩です。お客様に、より環境に優しい製品の選択肢を提供し、その販売活動にも力を入れていきます。

Volar Bio
Volar Bio