トップメッセージ

未来を見据えた
前向きな変化を志向し、
グループ一体となって
社会の課題に向き合う

当社製品は一般的に「合成皮革」と呼ばれてきましたが、本革に近い製品を目指して開発や生産をしているわけではありません。当社のお客様は本革では得ることのできない触り心地とデザイン性や機能性を求めており、当社製品はこれらのニーズに沿って生み出される新しい素材なのです。当社グループでは、オフィス家具から自動車・航空機など幅広い業界にまたがる様々なニーズを、米国を拠点とするUltrafabricsが顧客から収集し、日本の第一化成が日本の技術によって製品化・生産し、旗艦ブランドであるULTRALEATHER®やBRISA®をはじめとするブランドのもと1,000以上に及ぶ製品を世界中のお客様にお届けしています。

 

2018年5月にはデザインの中心地であるロンドン・クラーケンウェルに当社グループ初のショールームを開設しました。お客様の多様なニーズやスタイルに関する情報を積極的に収集するとともに、グローバルブランドの確立を目指した積極的な情報発信を推進します。また2018年9月には国内生産設備の拡充による製造工程2ライン化を完了し、高い品質に加え量の面でも安定的な製品供給が可能となり、当社が成長戦略の柱と位置付けるグローバルに事業を展開する自動車や航空機分野のお客様との取引を積極的に推進できる体制が整いました。

 

現在世界には地球温暖化をはじめとする気候変動や資源問題から多様性豊かな社会づくりに至るまで、サステナビリティに関する様々な課題が存在します。中長期の成長戦略の中で、これらの課題に対する取り組みは今後更に重要になると認識しており、当社のサステナビリティのフレームワークである「Product」、「Planet」、「People」それぞれの領域でこれらの課題に向き合うことで、事業成長と環境保全・地域社会発展の並立を目指します。また、より革新的でサステナブルな製品を皆様にお届けすることで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

 

ウルトラファブリックス・ホールディングス株式会社 代表取締役社長
吉村 昇